各種会合に使えるスペース|多くの物件が存在している|話題の貸し会議室

多くの物件が存在している|話題の貸し会議室

街

各種会合に使えるスペース

PC

支払いは使う分だけ

最近、都心のあちらこちらで「貸し会議室」という看板を見かける機会が増えています。貸し会議室とは主にビジネスユースを想定したレンタルスペースです。通常の貸し事務所などと違うのは、月額家賃を支払って長期間借りるのではなく、たとえば半日だけ、1日だけといった非常に短期間での利用が可能な点です。もちろん費用の支払いは使用した時間分のみとなります。こうした貸し会議室は、都心の主要ビジネスエリアで提供されています。たとえば品川です。品川といえば以前は電車の乗り継ぎ駅の1つというイメージがありましたが、臨海部を中心とした大規模な再開発の結果、巨大なビジネス街が出現しています。こうした街で、貸し会議室は高い需要を得ています。

駅近なら人も集まりやすい

貸し会議室は、ニーズに応じてさまざまな使い方ができます。たとえば品川に事務所を構える企業が顧客との商談や打ち合わせのために自社近くの貸し会議室を利用するなら、社内に会議室を設ける必要なくなります。するとその分、オフィススペースを有効に活用することができるようになります。もちろん他地域で事業を行っている企業等が利用しても構いません。品川は長距離列車の停車駅であり、また空港と都心をつなぐ鉄道路線も乗り入れています。そのため、地方の支店や営業所にいる社員が非常に集まりやすい場所です。そこで、月例の全国担当者会議や年頭の賀詞交換会などの会場を品川の貸し会議室に設定すれば、参加者の「足」を確保するのがとても容易になります。