内装や設備が使える物件|多くの物件が存在している|話題の貸し会議室

多くの物件が存在している|話題の貸し会議室

街

内装や設備が使える物件

店舗

その内容や利点

居抜きとは店舗などを経営していた店が閉めるとなった時に、内装や機器などをそのままの状態で売るまたは明け渡す事です。居抜き物件の良い点は元の内装などを解体する必要がないので売る側には工事の経費が掛からないメリットがあります。買う側にはお金をかけて内装をしたり、設備などを入れる手間が省けるので初期費用を安く抑えることが出来ます。大阪には居抜き物件が多く、飲食店を始めとして、美容院や歯科なども多くなっています。特に歯科では高いコストを占める診療台や諸々を合わせると1千万円以上掛かることもありますから、居抜きで譲渡して貰えれば初期費用はかなり抑えられます。大阪で店舗営業をしようと考える方には居抜き物件を検討するのがお勧めです。

不動産屋を通して内見する

大阪で居抜き物件を見てみたいとお考えなら、居抜き物件を多く扱う不動産会社に問い合わせるのがお勧めです。インターネットなどで物件を探して業種にあった良さそうな店舗があれば、不動産会社に連絡して内見するのが良いでしょう。居抜き物件は前の店舗の使っていた内装がそのままですから、自分のイメージするものとかけ離れていることも多くあります。また、前の店舗が不人気や事故などで倒産したケースでは、その印象を払拭することが出来ないという事も起こりうるので不動産会社によく内容を確かめましょう。大阪で店舗を始める時にはコストが安いだけでは不十分ですから、付近の市場規模や競合店などを調べる商圏調査などはしっかりしておくのがお勧めです。